現代版組踊推進協議会について

  • TOP > 
  • 現代版組踊推進協議会について

現代版組踊推進協議会について

1999年の現代版組踊「肝高の阿麻和利」の誕生以来、舞台づくりを通した青少年の「人財育成」「地域興し」の取組は現在でも継続して行われています。
その効果が認められ、現在では、沖縄県内外に取組が広がっています。
各地域毎に地域住民やOB・OGを主体とした運営団体が立ち上がり、地域に根ざした活動となっています。本協議会は全国で活動する団体が集まり、「舞台づくりを通し、子ども達の感動体験と居場所づくり、ふるさと再発見・子どもと大人が参画する地域おこしを行う」という理念の下、2013年7月に設立いたしました。
本協議会では、加盟団体の連携を深め、共に、協力し合いながら、理念の実現と普及を目指して活動を行っております。
また、全国で応援していただいている皆さまとのコミュニケーションや交流の機会を増やし、多くの皆さまと「感動体験」でつながることで、活力ある社会づくりに貢献することを目指しています。

所在地 沖縄県うるま市勝連平安名1446-1前盛ビル1階
設立 2013年7月12日
会長 長谷川清博(あまわり浪漫の会会長)
副会長 藏當慎也(TAOFactory代表理事)
下村一裕(カズ・ドリームプロジェクト代表取締役)
相談役 上江洲安吉(元・勝連町教育長)
山内彰(元・沖縄県教育長)
平田大一(沖縄県文化振興会理事長)
理念 舞台づくりを通し、子ども達の感動体験と居場所づくり、ふるさと再発見・子どもと大人が参画する地域おこしを行う。
目的 理念実現に取り組む、団体・個人のつながりを深め更なる提携、発展と新しい付加価値を生み出す。
Copyrightc2014 Modern Version Kumiodori Promotion Council All Rights Reserved.